メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国で経済再開停止相次ぐ 感染者急増のテキサス、フロリダで飲食店の営業制限強化

レストランの入店制限が強化され、客がいないテキサス州ダラスの歓楽街=6月26日、AP

 新型コロナウイルス感染者が再拡大する米国で、経済活動を再び制限する動きが出ている。感染者が急増する南部テキサス州とフロリダ州は26日、集団感染の発生源とみられるレストランやバーの営業制限を強化すると発表した。経済再開を急いだ南部や中西部で感染が広がっており、各州が同様の対応を迫られて景気回復が腰折れする懸念もある。

 テキサス州のアボット知事は26日、バーの営業を即日休止し、29日からレストランの入店者数の上限を現行の「定員の75%」から50%に引き下げるよう命じた。同州は25日に経済再開プロセスを停止すると発表。さらに、感染状況の指標となる感染検査の陽性率が10%を超えたため規制強化に踏み切った。フロリダ州も26日、バーでのアルコール販売を禁止した。

この記事は有料記事です。

残り218文字(全文548文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「時代は変わってしまった」香港民主派なすすべなく 運動抑え込まれ 周庭氏ら収監

  2. 安倍前首相「後援会強化し、支援者増やせ」 細田・麻生両派の若手議員に強調

  3. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  4. 政府、2030年代半ばにガソリン車新車販売禁止へ 欧米中の動きに対抗

  5. NTT東日本が投手戦制す 大竹7回無失点 日本新薬は反撃機生かせず 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです