メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テレワークの逆風にもまれるはんこ店は今 最盛期の新生活シーズン、コロナで逃す

判子を見つめる「博栄堂印房」3代目社長の上田さん=熊本市中央区で2020年6月10日午後3時30分、清水晃平撮影

 新型コロナウイルスの影響で印章(判子)店が苦境に立たされている。テレワークを推進する政府は今月「不要な押印を省略したり、押印以外の手段で代替したりすることが有意義」と“脱判子”に向けた見解を表明。商取引などの電子化も進み、日本に根付いてきた判子文化はかつてない逆風にさらされている。街中の店舗を訪ねると危機感は想像以上だ。

 料亭や商家が残る熊本市の旧城下町・新町。昔ながらの印章店も集まる。「今年の売り上げは今のところ前年比で40~50%減。この状況が続くなら厳しい」。1951年から続く「博栄堂印房」の3代目社長、上田博仁さん(71)は肩を落とす。原因は新型コロナ感染拡大に伴う来客の激減だ。

この記事は有料記事です。

残り876文字(全文1174文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 見る探る 「これはいじめではないか…」アンジャッシュ・渡部建さんの謝罪会見に行ってみた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです