メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハッカ油スプレー人気沸騰 マスクに清涼感 北海道・北見の会社、ネット販売15倍

コロナ禍のマスク生活で夏場に向けて人気急上昇のハッカ油スプレーの生産がフル稼働=北見ハッカ通商で2020年6月19日午前11時20分、本多竹志撮影

 かつて世界の7割の生産量を誇ったハッカのまち、北海道北見市で販売される特産品のハッカ油スプレーの人気が沸騰している。新型コロナウイルス感染対策でマスク着用が日常化する中、気温が上昇してもハッカ油で冷涼感が得られるとの評判が広まったためで、同市卸町の「北見ハッカ通商」(永田裕一社長)では、自社のインターネット通販が5月は昨年の15倍。生産が追いつかず、6月は品切れになっており、品薄がしばらく続くという。【本多竹志】

 北見市は昭和初期のピーク時には2万1000ヘクタールが作付けされ、ハッカ油の生産量も780トンと世界一の産地となり、合成ハッカが台頭した1960年代まで主産地だった。

この記事は有料記事です。

残り443文字(全文736文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. うがい薬でコロナ重症化抑制? 大阪知事が使用呼びかけ 専門家は懸念「害になりかねない」

  2. 吉村知事「うそみたいな本当の話」 うがい薬の使用呼びかけ、主な一問一答

  3. 大阪・吉村知事がうがい薬の使用呼び掛け、メーカー株価急騰

  4. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

  5. レバノン首都で巨大爆発 「負傷者多数」ロイター報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです