日本医師会会長に中川氏 現職破り初当選 官僚、政治家に「いざという時はノー」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
出陣式であいさつする日医副会長の中川俊男氏=東京都中央区で2020年6月14日午後0時1分、原田啓之撮影
出陣式であいさつする日医副会長の中川俊男氏=東京都中央区で2020年6月14日午後0時1分、原田啓之撮影

 任期満了に伴う日本医師会(日医)の会長選挙は27日、東京都文京区の日医会館で投票が行われ、開票の結果、副会長の中川俊男氏(69)が現職の横倉義武氏(75)を破り、初当選した。任期は2年。2012年から4期8年務め、安倍晋三首相との太いパイプを生かして安定運営をしてきた横倉氏は5選を果たせなかった。

 同日、各都道府県から選出された代議員による投票で選ばれた…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文449文字)

あわせて読みたい

注目の特集