メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

電車のつり革「ナイスキャッチ」 野球グラブの余った革で持ち手開発

グラブ用の革で作った「G-LOVE つり革」を説明する梅原さん。つり革を触れることなくつかめる=奈良県大和郡山市で2020年6月17日午後1時40分、中田博維撮影

 野球のグラブ製作を手掛けている奈良県大和郡山市のスポーツ用品店「ミカサスポーツ」の梅原伸宏さん(55)が、グラブ用の余った革を利用して電車のつり革に触れることなく、つかめる持ち手を開発した。

 ハート形の輪っか二つをつなげたもので長さは約26センチ。輪っかをつり革の輪に通した後、折り曲げて使う。ハート形にしたのはグラブに愛があるからといい、名付けて「G―LO…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文450文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 大阪府知事「うがい薬でコロナ陽性減」 個別商品示す意味あるのか

  2. 「予防効果一言も」「しゃべれなくなる」うがい薬発表翌日の吉村知事一問一答

  3. ジャパンライフ立件へ 被害2000億円、元会長ら詐欺容疑 警視庁

  4. 菅官房長官、アベノマスクしないのは「暑そうで」 ネット番組で

  5. 新型コロナ 新たに10人が感染 確保の155床に115人入院 /滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです