メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

会えなくても電話やメールの交流で高齢者の健康リスク減 日本福祉大ら調査

日本福祉大健康社会研究センターのページ

 電話やメールでの交流だけでも高齢者の健康リスク軽減に効果があるかも――。日本福祉大健康社会研究センターなどの調査で、週1回以上、電話やメールで友人らと交流した高齢者は、連絡を取らなかった人と比べ、抑うつ傾向を示す割合が大幅に低くなることが明らかになった。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、対面交流を控える高齢者は多い。調査にかかわった研究者は「家族が電話で様子を尋ねるだけでも意味がある」と分析している。

 同研究センターなどが2019年に要介護認定を受けていない全国の65歳以上の高齢者を対象に実施した健康調査で、交流の頻度に関する項目に答えた2万3917人を対象に分析した。1週間に1回以上の割合で、友人・知人らと対面で会うか▽手紙やメール、電話など非対面で連絡を取るか――などを基準に「対面・非対面ともにあり」「非対面のみあり」「対面のみあり」「対面・非対面ともになし」の4群に分類し、抑うつ傾向との…

この記事は有料記事です。

残り310文字(全文714文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 周庭氏を逮捕 民主活動家、「雨傘運動」学生リーダー 国安法違反容疑で香港警察

  2. 家族で登山中に行方不明の小6男児を無事発見 新潟・上越

  3. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

  4. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  5. 香港民主派リーダー周庭氏に有罪 「日本、世界の皆さんも注目してほしい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです