メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

克行容疑者 地元広島3区に現金集中提供 45人に計370万円、劣勢覆す狙い

 参院議員の河井案里容疑者(46)=広島選挙区、自民党を離党=が初当選した2019年参院選を巡る選挙違反事件で、案里議員と共に逮捕された夫で前法相の衆院議員、克行容疑者(57)=広島3区、同=が参院選の直前、自らの選挙区内の後援会関係者らを重点的に訪問し、現金を提供していた疑いが新たに浮上した。「アポなしで突然現れた」と語る関係者も多く、克行議員が劣勢を覆そうと現金を配って攻勢をかけた構図が浮き彫りになった。

 「いろいろお世話になるんで」。参院選を翌月に控えた19年6月、広島市安佐南区の後援会関係者の男性宅を訪れた克行議員は、困り顔の男性を押し切る形で5万円を渡して足早に立ち去った。玄関には、案里議員のポスターと後援会の入会はがき約300枚が置かれていた。

この記事は有料記事です。

残り734文字(全文1066文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 切羽詰まった心理につけ込み… トイレ修理のトラブル増加、150万円請求も

  2. 余録 かつて「長者番付」と呼ばれる高額納税者リストの注目された時代があった…

  3. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  4. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  5. 行く手を阻むバス、バス… 60台で巨大迷路 コロナ禍逆手に「はとバス」企画

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです