特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

J1大分、無観客ホーム戦は段ボールのサポーターが応援 「トリボード」選手出迎え

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
段ボールサポーター「トリボード」イメージ図=大分FC提供
段ボールサポーター「トリボード」イメージ図=大分FC提供

 サッカー・J1の大分トリニータは、無観客で開催されるホーム戦で、観客席を人型の段ボール「トリボード」(通称)のサポーターで埋める。クラウドファンディングで出資を募り、24日までに約845万円が集まった。トリボード2810体が選手を出迎える。

 大分トリニータを運営する大分フットボールクラブ(大分市)によると、これまでホーム戦1試合あたりの入場料収入は、平均で約2400万円だった。

 しかし、新型コロナウイルスの影響で中断していたサッカー・J1は7月4日に再開されるものの、当面は無観客試合となる。

この記事は有料記事です。

残り469文字(全文718文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集