メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国に校名、知らしめたい 酒田・東北公益文科大野球部、横田謙人監督 明治神宮大会出場目指す /山形

ドラフト候補に名前が挙がる赤上優人投手=東北公益文科大提供

昨秋リーグ優勝

 南東北大学野球連盟の東北公益文科大(酒田市)が注目されている。2020年のドラフト候補を擁して19年秋で5年ぶりのリーグ優勝。チームを率いるのは、05年春のセンバツで県勢初の甲子園4強に羽黒高を導いた横田謙人監督(50)だ。新型コロナウイルスの影響で20年春のリーグ戦や全日本大学選手権は中止になったが、横田監督は「全国に校名を知らしめたい」と秋の明治神宮大会出場を目標に掲げる。【上鵜瀬浄】

 南東北大学野球連盟の1部には東日本国際大、石巻専修大、山形大、日大工学部、福島大を含めた6チームが所属する。19年秋のリーグ戦では、全日本大学選手権出場14回を誇る東日本国際大に2試合続けて零封勝ちし、14年秋以来となる2回目の優勝を果たした。横田監督は「強豪を完全に封じて、本当に価値があった」と振り返る。それでも仙台六大学、北東北大学の3連盟で明治神宮大会の出場校を決めるトーナメントでは初戦で…

この記事は有料記事です。

残り613文字(全文1017文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. ディエゴ・マラドーナさん死去 60歳 サッカー界の「レジェンド」

  3. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. サッカーJ1川崎が最速リーグV 2年ぶり3度目 勝ち点など記録ずくめ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです