メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

霞ケ浦湖畔など周遊 りんりんロードの利用者が過去最高 昨年度9万3000人 /茨城

サイクリングロード「つくば霞ケ浦りんりんロード」で自転車を楽しむ人たち=茨城県提供

 県は、霞ケ浦湖畔などを周遊するサイクリングコース「つくば霞ケ浦りんりんロード」の2019年度の利用者が9万3000人で、過去最多になったと発表した。前年度に比べて1万2000人増えた。国が昨年、世界にPRする優れた自転車道に指定したことなどで人気が出たという。【鳥井真平】

 りんりんロードは、旧筑波鉄道の廃線敷と霞ケ浦を周回する湖岸道路を合わせた全長約180キロ。四季折々の自然に囲まれたコースで、高低差が少なく初心者にもふさわしいとされる。

 昨年11月には、一定水準を満たした優れたコースを国が指定する「ナショナルサイクルルート」の第1弾となった。

この記事は有料記事です。

残り515文字(全文791文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・武田真治さんとモデル・静まなみさんが結婚

  2. 探して!らき☆すたマンホール 合併10年、埼玉・久喜のどこかに設置

  3. 失業給付の増額を 困っている人を助けるのが政治の使命

  4. 「党員獲得どころじゃない」 河井夫妻「1億5000万円」 自民総務会で不満噴出

  5. 関東・東海上空に火球 2日未明、目撃相次ぐ 「爆発音聞こえた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです