メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外俳優の渡哲也さん死去 78歳 ドラマ「西部警察」 石原プロ前社長

一本一本に思い出 オーダーメード日傘 前橋・老舗洋傘店 /群馬

着物から作ったオーダーメードの日傘を広げる店主の関根健一さん=前橋市千代田町のセキネ洋傘店で

 「思い出の着物を日傘にしてほしい」――全国からオーダーメード日傘の注文が舞い込む老舗洋傘店がある。前橋市千代田町の弁天通り商店街に店を構える創業115年の「セキネ洋傘店」。県内唯一の洋傘専門店だ。傘の販売のほか、修理やクリーニングも行う。4代目店主の関根健一さん(77)は「昔は絹や麻を使った高級な傘を大事に長く使う方が多かった。以前より少ないが今も依頼がある」と話す。

 日傘のオーダーメードを始めたのは15年前。ほとんどが着物の持ち込みで、1着から2本(1本6000円=税別)の日傘ができる。縫い合わせて裁断して傘の布地を作り、早ければ3時間ほどで出来上がる。これまでに作った日傘は4000本に近く、一本一本に思い出がある。10年ほど前、北海道に住む女性から「亡母の着物を日傘に」と依頼があった。出来上がった傘を送ると、女性から「傘と一緒にまたお母さんと札幌の街を歩け…

この記事は有料記事です。

残り127文字(全文513文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 1本20万円超の水を勝手に注文、支払い巡り女性を脅した容疑でホスト逮捕

  2. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

  3. 新型コロナ「後遺症」、世界で報告相次ぐ 感染者の1割で倦怠感など長期化

  4. 東京都、新たに389人の感染確認 5日ぶりに300人超 新型コロナ

  5. 混乱続く国民「分党劇」 背景に代表と幹事長の合流巡る対立 地方は恨み節

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです