メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

View+

外国人就労支援 YOLO BASE 一度きりの人生、夢へ疾走 新今宮 /大阪

フード宅配サービス「YOLOデリバリー」のアルバイトを始めたロシア人のテテレバ・エカテレナさん。日本語学校に通っているが、ロシアの大学で学んだITを生かす企業に勤めたいと思っている。気温や湿度の高い日の移動中は、熱中症対策でマスクを外している=大阪市浪速区で2020年6月19日、北村隆夫撮影

 「端末で届け先を探すのは難しいけれど、いろいろな場所に行くのは楽しい」。フード宅配サービスの配達員として自転車を走らせるのは、日本語学校に通うロシア人のテテレバ・エカテレナさん(28)。3月までレストランでアルバイトをしていたが、新型コロナウイルスの影響で月約10万円の収入がなくなった。

 昨年9月に新今宮駅近くに開業した外国人向けの就労トレーニング施設「YOLO BASE(ヨロベース)」では、独自のフード宅配サービスを開始するなど、外国人向けのさまざまな支援を行っている。在留外国人16万人が登録する求人サイトを展開する「YOLO JAPAN」(本社・大阪市浪速区)が南海電鉄とともに事業を立ち上げた。YOLOとは、You Only Live Once=人生は一度きりの略。日本での就労を希望する外…

この記事は有料記事です。

残り528文字(全文880文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  2. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  3. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  4. “アベノマスク”大きくなった? 記者の質問に首相は…

  5. ORICON NEWS 漫画『チェンソーマン』累計300万部突破、作者喜び ジャンプの話題作で重版続く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです