メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いろんな粘菌採れたよ 観察会に25人 岩出・根来山げんきの森 /和歌山

 南方熊楠が研究したことで知られる生き物「粘菌」の観察会が27日、岩出市根来の県立森林公園「根来山げんきの森」で開かれた。約25人がルーペやカメラを手に森を歩き、さまざまな色や形の粘菌を採取した。

 粘菌はアメーバのように動きながらバクテリアを食べ、キノコのような形になって胞子を飛ばす。森の不思議や魅力を知ってもらおうと、同公園を管理…

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文418文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  2. 新閣僚「人となり報道」は本当に必要か? 香港からの問いかけ

  3. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  4. 自民・高鳥衆院議員が新型コロナに感染 国会議員で初

  5. 東京で新たに220人の感染確認 200人超えは6日ぶり 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです