メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「平和考えるきっかけに」 「おかあさんの被爆ピアノ」試写会に監督ら /広島

舞台であいさつする矢川光則さん(左)と五藤利弘監督=中区のサロンシネマで2020年6月25日午後8時27分、山本尚美撮影

 原爆に遭った被爆ピアノを調律し、各地でコンサートを開いている矢川光則さん(67)=安佐南区=をモデルとした映画「おかあさんの被爆ピアノ」の試写会が25日、中区であり、五藤利弘監督と矢川さんが映画完成の喜びと平和への思いを語った。

 被爆ピアノの存在を知った東京の女子大学生が、矢川さんとの交流を通じ自分のルーツや原爆、戦争について理解を深めようとする物語。矢川さんを佐野史郎さん、大学生をアイドルグループAKB48の武藤…

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文527文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・武田真治さんとモデル・静まなみさんが結婚

  2. 探して!らき☆すたマンホール 合併10年、埼玉・久喜のどこかに設置

  3. コロナ感染止まらぬ新宿・歌舞伎町 区長はすがる思いで大物ホストの携帯を鳴らした

  4. 関東・東海上空に火球 2日未明、目撃相次ぐ 「爆発音聞こえた」

  5. 失業給付の増額を 困っている人を助けるのが政治の使命

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです