メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見れば見るほど不思議 防府で「錯覚立体展」 /山口

手前の2作品は同じ。角度によって丸にも四角にも見える

 正面から見ればチョウだが、鏡に映る姿は魚。そんな見方によって複数の解釈ができる立体や図形を集めた企画展「へんしん!錯覚立体展」が、防府市寿町の市青少年科学館ソラールで開かれている。12月20日まで。

 錯覚を数理的に解明している明治大の杉原厚吉・研究特別教授が監修し、杉原さんの「ベスト錯覚コンテスト…

この記事は有料記事です。

残り221文字(全文371文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  2. PCR陰性の20代を誤って陽性者の宿泊施設に 福岡市が陳謝

  3. 腹の虫がおさまらない?マメガムシ食べられてもカエルの尻から脱出 神戸大

  4. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  5. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです