メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

データではっけん!!

九州・山口8県のすがた 年間の乳酸菌飲料購入金額 古里の味 鹿児島、宮崎上位 /福岡

乳酸菌飲料などが並んだ売り場で買い物する客=鹿児島市のコープ鹿児島荒田店で、白川徹撮影

 幅広い年齢層で飲まれている乳酸菌飲料。健康志向の高まりで、日ごろからよく飲むという人も多いだろう。総務省が2人以上の世帯を対象に実施している「家計調査」の結果ランキングに目を通していると、あった。年間の乳酸菌飲料の購入金額が最も多いのは、鹿児島市。前橋市を一つ挟んで3位が宮崎市だった。南九州の2市でそんなに飲まれていたとは。地元の人たちにとっては当たり前のこと?【井上和也】

 両市の自治体や市民に聞いてみて、すぐに分かった。こんなにも知られていなかったのかと。乳酸菌飲料をよく飲まれている理由を聞こうとしたら「そうだったんですか」「意識したこともない」と拍子抜けするほど反応は薄い。かつて1位だった前橋市でも順位を特別気にしている様子はない。宮崎市の男性職員は「ギョーザで宮崎市が3位になった時は話題になったのですが……」。

この記事は有料記事です。

残り853文字(全文1217文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 緊急事態宣言の非科学性

  3. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 核禁条約発効 廃絶に向け思考停止から脱しなければ 中満泉・国連事務次長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです