メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

新型コロナウイルス対策で4月…

[PR]

 新型コロナウイルス対策で4月、英議会の下院が約700年の歴史にして初めて、テレビ会議による審議を一部導入した。議員たちは今月に入って議会に戻ってきたが、「時期尚早」との批判も出ているという▲審議では「ズーム」というテレビ会議システムが使われた。シェークスピアの戯曲ハムレットの有名なせりふにかけて「トゥー・ズーム・オア・ノット・トゥー・ズーム」(ズームにするかしないか)と伝える記事もある▲そんな悩めるハムレットのような心境は、英国だけのものではない。日本でも、オンライン国会の可能性が議論されているが、賛否両論あり、実現の見通しは立っていない。そこには憲法というハードルがある▲憲法56条は、国会の議事は「出席議員の過半数」で決めると定めている。こうした「出席」の規定をどう解釈するのか。オンラインによる参加も「出席」と認めるのかどうか。憲法学者の意見も分かれている▲明治憲法をひもとくと、47条でやはり、国会の議事は「過半数」で決めるとあるが、現行憲法と違って「出席議員の」という文言は付いていない。憲法草案を審議した枢密院で、出席は「自明」だからとの理由で、書き込みを見送ることにしたようだ▲明治憲法を起草した伊藤博文も解説書「憲法義解」で、議決に必要な「過半数」というのは、出席議員の過半数のことだと記している。まさか約130年後になって「出席」の意味が議論されることになるとは、伊藤も想像しなかったに違いない。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 視聴室 新番組・俺の家の話

  3. 案里議員に有罪判決 参院選買収、確定なら失職 東京地裁

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです