メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

進化をめぐる誤謬 価値判断は別個のもの=長谷川眞理子・総合研究大学院大学長

長谷川眞理子氏=根岸基弘撮影

 2016年にノーベル文学賞を受賞したボブ・ディランさんの名曲の一つに「風に吹かれて」がある。「いったいいくつの大砲の弾が飛べば、大砲が禁止されるのだろう?」「いったいいくつの耳を持てば、人々の泣き声が聞こえるようになるのだろう?」などなど、世の悲惨がいっこうになくならないことに対する嘆きの歌である。

 私も同じ気持ちになることがしばしばある。核兵器廃絶や飢餓の問題もそうだが、今回は、ダーウィンの進化理論に関するものだ。

この記事は有料記事です。

残り1525文字(全文1736文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都で感染者の一部と連絡とれず 菅氏「詳細を都に確認中」

  2. 「がんに勝つことは、生きるか死ぬかじゃない」米国で闘病中のポルノスター、まりかさんが直面したロックダウン

  3. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  4. 小池氏「むしろ国の問題」 感染再拡大、菅長官の東京問題発言に不快感

  5. 「死に追いやってしまった」「逮捕されるのが怖い」 木村花さん誹謗中傷 加害者の心情

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです