メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レトロの美

区立深川図書館 東京都江東区 歴史を刻む3代目

日没後、静まりかえる深川図書館

 清澄庭園に隣接する東京都江東区立深川図書館の入り口前に立つと、風にそよぐ木々の葉音が聞こえた。日没後の暗がりに包まれた建物周辺は、玄関からの明かりで浮かび上がっていた。

 「深川図書館100年のあゆみ」によると、1909(明治42)年に東京市立図書館として開館。23(大正12)年の関東大震災で全焼したが、28(昭和3)年に再建された。2代目も苦難に襲…

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文440文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  2. 大雨、岐阜で大きな被害 長良川鵜飼いの警備船2隻流出 9日も大雨の恐れ

  3. 「仁義を切ってきたのか」山尾氏入党、国民党内に警戒感 立憲も「合流協議」影響懸念

  4. IS研究第一人者ハシミ氏、殺害される 日本など海外メディアに数多くコメント

  5. 浅間山 小規模噴火の可能性 気象庁事務所「大きな噴石や火砕流に警戒を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです