メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京都内の新たな感染者 過去最多の224人

「使い続けるほどきれいに」は虚偽 消費者に怒り「コスモ一筋だったのに…」 スーパーマグナム

コスモ石油はホームページの「スーパーマグナム」の性能を修正した

 石油元売り大手コスモ石油が10年以上、実際と異なる性能を宣伝してきたハイオクガソリン「スーパーマグナム」。洗浄力の高さに魅力を感じて給油を続けてきた消費者からは怒りの声が上がる。

 「僕たちは、クルマのことを考えたガソリンを選びたい」。スーパーマグナムは当時人気俳優だった加勢大周さんをイメージキャラクターに起用し、1992年5月に発売された。しかし、販売開始以来、汚れを取り除く添加剤は入っていなかった。

 「エンジンを長持ちさせようと、コスモ一筋だったのに」。20年以上、スーパーマグナムを入れる大阪府内の建設会社の会長(53)はショックを受ける。仕事で2週間に1度のペースで東京―大阪間を往復する。運転が好きで新幹線は使わないため、愛車のトヨタ「レクサス」の年間走行距離は約4万キロに達する。洗車するのはなじみのENEOSのスタンドだが、ハイオクはコスモのスーパーマグナムと決めていた。「こだわって給油してきたのは何だったのか。なぜ、うその宣伝をするようになったのか説明すべきだ」

 建設業の男性(41)は3年前、自動車販売店の知人から「エンジンがきれいになるのでオイル交換の時期が延びる」と勧められた。ホームページ(HP)に「使い続けるほどエンジンがきれいになる」と書かれていたので、コスモで給油するようになったという。男性は「他社より燃費は良くないと感じていたが、洗浄力の高…

この記事は有料記事です。

残り450文字(全文1040文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. IS研究第一人者ハシミ氏、殺害される 日本など海外メディアに数多くコメント

  2. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  3. 「仁義を切ってきたのか」山尾氏入党、国民党内に警戒感 立憲も「合流協議」影響懸念

  4. 大雨で被害相次ぐ 安城や一宮など 15棟床下浸水 /愛知

  5. ORICON NEWS 『長谷川町子記念館』11日開館へ 生誕100年記念『サザエさん』などの世界観堪能

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです