メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シマフクロウ大空へ 環境省、4年ぶり13羽目放鳥 北海道

発信器などを装着した放鳥後のシマフクロウ=環境省提供

 環境省釧路自然環境事務所(北海道釧路市)は、絶滅の危機にひんしているシマフクロウ1羽を5月18日に釧路地方の森林に放したと発表した。放鳥は4年ぶり13羽目。

 放鳥したのは、釧路湿原野生生物保護センターで野生復帰のための訓練をしていた雄。2008年3月に倒木の恐れがある巣箱に入っていた卵を回収し、ふ…

この記事は有料記事です。

残り205文字(全文355文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  2. ドコモ、携帯料金を値下げへ 主力ブランドで大手初、「格安」も新設

  3. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

  4. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  5. 宿泊療養39人分の個人情報流出 山口県 メール誤送信、あて先不明 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです