特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

道路にアマビエ出現…「飛び出し坊や」が仮装 コロナ終息願い 大津のホテル

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
完成したアマビエの「飛び出し坊や」の表面=大津市南小松の琵琶レイクオーツカで2020年6月24日午前10時10分、菅健吾撮影
完成したアマビエの「飛び出し坊や」の表面=大津市南小松の琵琶レイクオーツカで2020年6月24日午前10時10分、菅健吾撮影

 疫病退散の御利益があるとされる妖怪「アマビエ」をモチーフにした交通事故防止看板「飛び出し坊や」が、琵琶湖岸のホテル「琵琶レイクオーツカ」(大津市南小松)に登場した。飛び出し坊や愛好家のホテル支配人らが、新型コロナウイルスの終息を願って作製した。

 飛び出し坊やは滋賀県が発祥とされる。同ホテルの山極明宏支配人(53)は9年前、バイクを運転中、道路の路肩に設置されていた飛び出し坊やと目が合ったように感じ、表情の多様さに気付いた。それ以来、各地の飛び出し坊やの写真を撮り続け、その枚数は1000枚を超える。写真展を開催したこともあるという。一方で、飛び出し坊やの作製に関わるのは初めてといい、「念願がかなった」と笑顔を見せる。

 新型コロナの感染拡大を受けて、同ホテルは4月25日から5月20日まで営業を自粛していた。この間に、ホテルのスタッフは「何か明るい話題を提供できないか」と話し合った。ホテル前の道路を挟んだ向かい側に近江舞子水泳場があることから、山極さんが「ドライバーや歩行者に注意喚起するため、飛び出し坊やを作ってみよう」と提案。さらに、疫病退散の思いも込めて、アマビエをモチーフにすることに。山極さんがデザインの原…

この記事は有料記事です。

残り384文字(全文896文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集