メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コツメカワウソ赤ちゃん公開 栃木・那須どうぶつ王国

愛らしい姿をみせるコツメカワウソの赤ちゃん=栃木県那須町の那須どうぶつ王国で(同王国提供)

[PR]

 栃木県那須町大島の那須どうぶつ王国は27日、今春に生まれたコツメカワウソの赤ちゃん4匹の公開を始めた。赤ちゃんは展示場で寝ていることが多いものの、時折両親と一緒に遊ぶなど愛らしい姿をみせている。

 コツメカワウソは、インドネシアなどの沼地や湿地帯に生息する世界で最も小さいカワウソ。森林伐採や乱獲などで数を減らしており、国際自然保護連合(IUCN)の絶滅危急種に指定されている。

 公開したのは4月24日に誕生した雄1匹、雌3匹。それぞれ体長約20センチ、体重約800グラムに成長した。屋内施設「アジアの森」で、午前10時から午後3時45分まで展示している。

 那須どうぶつ王国では、来園者を対象に4匹の名前を募集している。応募は7月19日まで。【湯浅聖一】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 帝国劇場が4公演中止 従業員が新型コロナ感染

  2. 名古屋の飲食店、新たに4人感染 クラスターの可能性、市検査 新型コロナ

  3. 新型コロナ 「ぜひ旅行なさって」 「GoTo」に横浜市長 /神奈川

  4. 「今、藤井聡太の将棋が面白い」 中原誠十六世名人が見る新棋聖

  5. ORICON NEWS 欅坂46、5年の活動に幕 “再改名” で再出発「相当な茨の道が待っていると思います」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです