特集

河井夫妻選挙違反事件

19年参院選を巡る大規模買収事件で、河井克行元法相と妻の案里元参院議員の有罪判決が確定。現金を受け取った地方議員に厳しい目が。

特集一覧

参院選前月に820万円配布か 河井夫妻、地元議員らに 統一選前後にも集中

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
河井案里参院議員(左)と克行元法相
河井案里参院議員(左)と克行元法相

 参院議員の河井案里容疑者(46)=広島選挙区、自民党を離党=の選挙違反事件で、2019年参院選前月の6月に計約820万円が地元議員らに提供されていた疑いがあることが、関係者への取材で明らかになった。逮捕容疑で配布時期とされた3~8月の中で最も多い。統一地方選(同年4月)前後の3月下旬~4月にも計約1080万円が配布されたとみられ、東京地検特捜部はこれらの時期に集中的に現金が提供されたとみて調べている。

 事件では、案里議員の夫で前法相の衆院議員、克行容疑者(57)=広島3区、同=が3月下旬~8月上旬、地方議員や後援会関係者ら91人に116回にわたり計約2400万円を渡したとして、公職選挙法違反(買収)の疑いで逮捕された。

この記事は有料記事です。

残り535文字(全文849文字)

【河井夫妻選挙違反事件】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集