メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原子力規制委は「バックフィット命令」に及び腰? 発令1件「抜きたくない宝刀」

関西電力高浜原発=福井県高浜町で2019年11月3日、本社ヘリから大西達也撮影

 原子力規制委員会は、福島の原発事故を教訓に、既存の原発に追加の安全対策を課す「バックフィット」に力を入れる姿勢をアピールしている。しかし、基準不適合と評価した原発を停止させたり、改造させたりする命令の発令はわずか1件。法改正して手にした権限は「抜きたくない宝刀」となっている。毎日新聞が入手した音声記録には、専門家から火山灰対策が過小と指摘された関西電力3原発の運転停止を懸念し、「基準不適合」の認定を回避しようとする更田(ふけた)豊志委員長の発言が収められていた。事故によって原子力規制は本当に生まれ変わったのか検証する。【日野行介/特別報道部】

 「基準を満たしていない時点で停止するというチョイスさえあり得るんじゃないですか、『ゼロ案』として。私だったらそうします。委員長はバックフィットには猶予が要るんだ、猶予がないでいきなりやる(停止する)と結局原子力の安全を阻害するという変な哲学をお持ちだ。しかし火山はいつ噴火するか分からないんですよ」

 原子力規制委が関西電力の3原発に求める火山灰対策の方針を非公開の事前会議で決めた問題に絡み、本多平直議員(立憲民主党)は5月19日の衆院原子力問題調査特別委員会で、規制委が原発の運転停止を検討しなかったことに疑問を投げかけた。

この記事は有料記事です。

残り4386文字(全文4925文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「GoTo」反対署名、5日間で9万人超 「その予算を医療現場や被災地に」

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. 丸岡いずみさん、コロナ陽性で入院 夫の有村昆さんがクラスター発生の劇場で感染

  4. 政権がGoToを強行する理由 アクセルとブレーキ同時に踏む「むちゃ」

  5. 東京、コロナの警戒レベルを最高に 「感染拡大」 小池都知事、緊急記者会見へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです