メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・次回の予定

7月4日掲載予定は『政治改革再考』『洪水と水害をとらえなおす』『ほのぼの路線バスの旅』ほか

左から『ほのぼの路線バスの旅』『洪水と水害をとらえなおす』『平安貴族』

[PR]

 7月4日(土)の毎日新聞朝刊の「今週の本棚」で掲載予定の主なラインアップを紹介します。

 ①山崎正和さん評/待鳥聡史さん著『政治改革再考』(新潮選書)

 ②伊東光晴さん評/大熊孝さん著『洪水と水害をとらえなおす』(農文協)

 ③荒川洋治さん評/田中小実昌さん著『ほのぼの路線バスの旅』(中公文庫)

 ④岩間陽子さん評/ブアレム・サンサールさん著『ドイツ人の村 シラー兄弟の日記』(水声社)

 ⑤高樹のぶ子さん評/橋本義彦さん著『平安貴族』(平凡社ライブラリー)

加藤陽子さんが選んだ「なつかしい一冊」は?

 著名人が思い出の本について記す「なつかしい一冊」は、歴史学者の加藤陽子・東大教授が『見るまえに跳べ』(大江健三郎さん著・新潮文庫)を紹介します。

 本の目利きがナビゲートする「話題の本」は、東北芸術工科大学講師のトミヤマユキコさんが『かしこくて勇気ある子ども』(山本美希さん著・リイド社)を紹介します。

 著者インタビューは『サキの忘れ物』(新潮社)の津村記久子さんです。

 どうぞお楽しみに。(紹介予定の本は変更の可能性があります)

  =「次回の予定」は毎週月曜掲載予定


おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「GoTo」反対署名、5日間で9万人超 「その予算を医療現場や被災地に」

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. 丸岡いずみさん、コロナ陽性で入院 夫の有村昆さんがクラスター発生の劇場で感染

  4. 政権がGoToを強行する理由 アクセルとブレーキ同時に踏む「むちゃ」

  5. 稲田氏ピンチ リベラル色の女性政策に保守派から「ついていけない」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです