「感覚」取り戻した西武・森、九回無死満塁サヨナラ打 「よおし」打撃再構築へ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

〇西武4―3ソフトバンク●(28日・メットライフ)

 西武が森のサヨナラ打で3連勝。カード勝ち越しを決めた。

 西武の森が打撃で一番大切にしているのは「感覚」だという。だからこそ、約3カ月間実戦から離れたことはあまりに痛かった。試合開始前の時点で打率は2割2分2厘で、打点は1。昨季の首位打者の表情は暗かった。

 加えて捕手としての負担は計り知れない。未体験の同一カード6連戦。相手打線のデータ、気を使うポイントが格段に増えた。「めっちゃきつい」。肉体の疲労はもちろん、「脳」が悲鳴を上げた。

この記事は有料記事です。

残り397文字(全文640文字)

あわせて読みたい

ニュース特集