独ソ戦証言集「戦争は女の顔をしていない」コミック版ヒット 「反戦」より「時代の空気」 戦争漫画変化

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ氏による「戦争は女の顔をしていない」の日本語版(岩波現代文庫)
スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ氏による「戦争は女の顔をしていない」の日本語版(岩波現代文庫)

 第二次世界大戦中に従軍した旧ソ連の女性たちの証言集「戦争は女の顔をしていない」のコミック版が人気だ。2015年にノーベル文学賞を受賞したジャーナリスト、スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ氏の作品が原作で、戦後75年の今年1月に第1巻を発売後、わずか1カ月で累計10万部を突破。戦争をテーマにした作品としては異例のヒットといい、その影響で原作本も売れて一時品切れになった。日本人にはあまりなじみのない独ソ戦、しかも一人一人の語りが淡々と続く展開で、これだけのヒットになったのはなぜなのだろうか。編集者の荻野謙太郎さん(44)に聞いた。

 独ソ戦は1941~45年にナチス・ドイツとソ連との間で繰り広げられた戦争で、ソ連側の犠牲者は2700万人に上った。過酷な戦況を背景にソ連では100万人を超える女性が志願して従軍し、医師や看護師など側面支援だけでなく、狙撃兵やパイロットなど前線の兵士としても戦った。

この記事は有料記事です。

残り1810文字(全文2210文字)

あわせて読みたい

ニュース特集