メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

美とあそぶ

大泉洋さん/3 書を通し 日々謙虚に

「命」=大泉洋さん提供

 これは太い筆で「命」という字を、すごくフラットな(平たい)気持ちで、何も考えずに書いてみました。屋根の下でお母さんが幼子と遊んでいるように見えるし、お母さんが赤ちゃんを抱いているようにも、胎児にも見えて、自分でも不思議な感覚がありました。

 コロナの前は忙しくて妻や娘と長く過ごせなかったので、この4、5月は大変な方も多かったと思いますが、僕にとってはありがたい期間でした。毎日、習字や料理を小学生の娘と一緒にす…

この記事は有料記事です。

残り310文字(全文516文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  2. 3歳娘放置死 逮捕の母は5月にも交際男性と旅行 日常的に育児放棄か

  3. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

  4. なぜ検察は現金受け取り側を立件しないのか 河井夫妻起訴を可能にした「取引」と執念

  5. 「金まみれの選挙」に混乱続く広島県政界 辞めない受領側議員の言い訳

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです