メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クリップ

展覧会 戦後版画の隆盛 深沢幸雄と池田満寿夫ほか

 ■戦後版画の隆盛 深沢幸雄と池田満寿夫

 7月12日まで、千葉県佐倉市新町の佐倉市立美術館(043・485・7851)。メキシコに銅版画を普及させた深沢、ベネチア・ビエンナーレで版画部門大賞を受賞した池田=写真は池田満寿夫「海のスカート」1965年、銅版画。無名の時代から交流を深め、共に世界に活躍の舞台を広げた2人の功績に光を当てる。浜口陽三、深沢の教え子である清原啓子の作品を併せ、戦後版画の隆盛期を彩った銅版画の魅力を紹介する。月曜休館。無料。

この記事は有料記事です。

残り461文字(全文686文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無銭飲食、中洲のVIPルームでドンペリなど110万円 39歳容疑者逮捕

  2. 人気ラーメン店にピエロ覆面空き巣 埼玉「ジャンクガレッジ」、4容疑者逮捕

  3. 民主活動家・周庭氏保釈される 黄之鋒氏らが出迎え 香港警察が10日に逮捕

  4. 保釈の周庭氏、欅坂46「不協和音」脳裏に 「これからどんどんつらくなるかも」

  5. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです