メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「恥の多い生涯を送って来ました」 「太宰列車二○二○」運行 津軽鉄道、車内に名言展示 /青森

太宰列車二○二○」に乗り込む乗客ら=青森県五所川原市の津軽五所川原駅で

 五所川原市と中泊町を結ぶ津軽鉄道で、地元出身の作家・太宰治による名言を車内の随所に展示した列車「太宰列車二○二○」が運行されている。太宰の作品「人間失格」に記された「恥の多い生涯を送って来ました」という一文などが展示されており、津軽の景色とともに楽しむことができる。乗客からは「作品が読みたくなる」という声も上がった。【平家勇大】

 「太宰列車」は、五所川原市のNPO法人「津軽半島観光アテンダント推進協議会」が企画した。太宰の誕生日の6月19日ごろから期間限定で運行しており、今年で11回目。今年は9月30日まで、津軽五所川原駅から津軽中里駅の間を1日5往復する。列車内に飾り付けた太宰による名言は、地元の文学サークル「金木太宰会」の会長、「太宰の宿ふかうら文学館」の館長など20人から寄せられ、取り上げた理由も併記した。

この記事は有料記事です。

残り213文字(全文575文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. ディエゴ・マラドーナさん死去 60歳 サッカー界の「レジェンド」

  3. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. サッカーJ1川崎が最速リーグV 2年ぶり3度目 勝ち点など記録ずくめ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです