メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ福島

避難所「3密」防げ 収容者数減らし、1人の専有面積を拡大 /福島

約120人の郡山市職員が参加して行われた「新しい生活様式」に基づく避難所の開設訓練=福島県郡山市の郡山総合体育館で、今月11日

 災害時に開設される避難所で、新型コロナウイルスなどの感染症拡大をどう防ぐか。コロナ禍の下で本格的な降雨シーズンを迎えた県内の自治体では、水害や地震などの災害発生時に3密(密閉、密集、密接)を避けるための避難所運営を模索しながら施設や要員、資材の確保と準備を進めている。【笹子靖】

民間施設を活用

 県のまとめによると、昨年の台風19号では10月12日午後から夜にかけて県内各地に大雨、洪水、暴風警報などが出た。13日早朝の速報では約55万世帯の約130万人に避難勧告などが発令され、全59市町村が計約530の避難所で約2万人を受け入れた。このうち郡山市では住民に「命を守るための最善の行動」を求める警戒レベル5の災害発生情報が出て、最大時は42カ所の避難所に約4000人が身を寄せた。

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて国は今年4月以降、都道府県などに避難所での感染症対策の留意事項を通知。できるだけ多くの避難所や衛生環境の確保、避難者の健康チェックなどの準備と対応を助言している。

この記事は有料記事です。

残り2296文字(全文2737文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 緊急事態宣言の非科学性

  3. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 核禁条約発効 廃絶に向け思考停止から脱しなければ 中満泉・国連事務次長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです