メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ちばの底力

ハナダ電機技術工業 エネルギーの自産自消を /千葉

エネルギーの「自産自消」を提唱する花田さん=千葉県木更津市で

 再生可能エネルギーの普及促進に取り組むことを柱とする「電気自動車(EV)を活用したまちづくり連携協定」が5日、人と自然が調和した「オーガニックなまちづくり」を進める木更津市と、ゼロエミッション社会を目指す日産自動車、エネルギーの「自産自消」を提唱する「ハナダ電機技術工業」など6者間で締結された。同社代表の花田宗範さん(44)が橋渡し役を務めた。

 花田さんは高校卒業後、大手電機メーカーに就職。電気工事会社に移り、電気工事などを担当した後に独立、同社を発足させた。同社は住宅設備機器の販売やリフォーム工事とともに、自分で使うエネルギーは自分で作り、使うエネルギーの自産自消を唱え、太陽光発電と蓄電池を組み合わせた電力システムを提案する。

この記事は有料記事です。

残り442文字(全文761文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 家族で登山中に行方不明の小6男児を無事発見 新潟・上越

  2. 「#FreeAgnes」 日本からも周庭氏逮捕への抗議続々

  3. 東京から青森に帰省したら中傷ビラ 「こんなものが来るとは」

  4. 東海道線、横須賀線、事故で一時運転見合わせ JR東日本

  5. 母の呼び掛けにやぶから声 「斜面を滑り落ち動かずじっと」 新潟小6男児保護

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです