メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

尾鷲の空き家バンク登録 7年で500世帯超す /三重

内覧を希望した男性2人に空き家を案内する地域おこし協力隊の山口玲子さん(右)=三重県尾鷲市三木里町で

 尾鷲市が空き家の有効活用と定住・移住の促進を目的に2014年度から始めた「空き家バンク」。物件の内覧など、空き家バンクを利用するためには事前に登録が必要で、この登録者数が7年目で500世帯を超えた。定住移住の促進に取り組む地域おこし協力隊の山口玲子さん(58)は「多くの人が尾鷲への居住を考えてくれた。大きな区切りを迎えてうれしい」と喜んだ。

 空き家バンクは14年度に物件登録16件、成約件数2件でスタート。17年度からは休日にも案内ができるようにと、同市朝日町に「おわせ暮らしサポートセンター」を開設し、協力隊がコンシェルジュとして常駐。その成果もあり、19年度末までに150件の契約があった。内訳は県内外からの移住者が約6割で、他は市民が住み替えなどに利用している。

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文693文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 日本国内の感染者、4週間で27万人超に 米グーグルのAIが大幅増を予測

  3. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  4. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  5. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです