メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

尾鷲の空き家バンク登録 7年で500世帯超す /三重

内覧を希望した男性2人に空き家を案内する地域おこし協力隊の山口玲子さん(右)=三重県尾鷲市三木里町で

 尾鷲市が空き家の有効活用と定住・移住の促進を目的に2014年度から始めた「空き家バンク」。物件の内覧など、空き家バンクを利用するためには事前に登録が必要で、この登録者数が7年目で500世帯を超えた。定住移住の促進に取り組む地域おこし協力隊の山口玲子さん(58)は「多くの人が尾鷲への居住を考えてくれた。大きな区切りを迎えてうれしい」と喜んだ。

 空き家バンクは14年度に物件登録16件、成約件数2件でスタート。17年度からは休日にも案内ができるようにと、同市朝日町に「おわせ暮らしサポートセンター」を開設し、協力隊がコンシェルジュとして常駐。その成果もあり、19年度末までに150件の契約があった。内訳は県内外からの移住者が約6割で、他は市民が住み替えなどに利用している。

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文693文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社民・福島党首「党大会すべきでない」 幹事長「招集済み」 立憲合流巡り混迷深まる

  2. 菅首相、韓国の差し押さえ資産現金化「極めて深刻な事態招く」 元徴用工問題

  3. 「倒れそう」と職員悲鳴 接触確認アプリで保健所に電話殺到 なぜパンク寸前に?

  4. 「はじめの一歩」船田元 「イエス」だけで固めるなら学術会議の価値がなくなる

  5. 「余命2年」 30歳ライフガードの男性が生前葬を開くことにした理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです