メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現場から

抗体検査「第2波に備え」 民間でも独自に実施 新型コロナ感染歴把握、未知の部分も多く /大阪

抗体検査の方法を説明する吉川聡介医師=大阪市城東区で、近藤諭撮影

 新型コロナウイルスの感染が再び拡大する「第2波」が懸念される中、感染歴を調べる抗体検査を独自に実施する民間医療機関が増えている。府内の感染状況は落ち着いているが、発熱があってもPCR検査(遺伝子検査)を受けられないケースはあるといい、患者に安心してもらい、感染拡大を防止するため、抗体検査が活用されている。【近藤諭】

 抗体はウイルス感染時などに体の免疫細胞が作り出すたんぱく質。血液を採取し、専用のキットを使って抗体の有無を検査する。ただ、新型コロナの抗体が体内でどれくらい持続するのか、ウイルスに対する免疫機能をどれだけ持つのかなど、まだ分かっていない部分は多い。

この記事は有料記事です。

残り664文字(全文948文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「倒れそう」と職員悲鳴 接触確認アプリで保健所に電話殺到 なぜパンク寸前に?

  2. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

  3. 菅首相、韓国の差し押さえ資産現金化「極めて深刻な事態招く」 元徴用工問題

  4. 5~7月の妊娠届11%減 コロナで出生数大幅減へ 厚労省発表

  5. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです