メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

支局長からの手紙

誰を総理大臣にしたいのか /香川

「なぜ君は総理大臣になれないのか」のパンフレット=高松市で、佐々木雅彦撮影

 全国で上映中の映画「なぜ君は総理大臣になれないのか」(大島新監督)を20日に見ました。香川1区の小川淳也衆院議員(49)を17年間追い続けたドキュメンタリーです。香川1区は実は、記者の世界では全国的にも注目区なのです。野党の小川氏は毎回、強固な地盤を持つ自民党の平井卓也氏と大激戦を繰り広げ、比例復活を含め5回も当選しています。なぜそんなに底力があるのか。映画を見て、その理由は小川氏の「青さ」にあると思いました。

 高松市出身の小川氏は1994年に自治省(現総務省)に入省。2003年の衆院選に民主党から初出馬して落選。05年に初当選してからは民主党政権の誕生と崩壊、そして17年の小池新党「希望の党」の渦にのみ込まれます。

この記事は有料記事です。

残り792文字(全文1105文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 庄司智春、新型コロナ感染 妻・藤本美貴と3人の子どもは「まだ症状なども出ておらず元気」

  2. 吉永小百合さん「泳いで恒彦さんのところに…」 渡哲也さん死去

  3. 俳優の渡哲也さん死去 78歳 ドラマ「西部警察」 「くちなしの花」ヒット 石原プロ前社長

  4. コロナ「消毒」で紙幣損傷 洗濯機やレンジで 韓国、5億円分交換

  5. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです