メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 学校給食休止でピンチ「#牛乳ヒゲチャレンジ」で楽しく飲もう 九州生乳販連 /福岡

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う学校給食の休止などで牛乳の消費が減っている。福岡市の九州生乳販売農業協同組合連合会(九州生乳販連)は牛乳を飲み、口の周りに残る白いあとを“ひげ”にみたてた「#牛乳ヒゲチャレンジ」を展開し、消費アップに取り組んでいる。6月末まで。

 九州生乳販連に加盟する九州7県の約1280戸の酪農家は牛乳・乳製品などの原料になる生乳を年約59万トン生産する。今年は新型コロナの影響で3月から学校給食が休止になり、喫茶店など業務用で使う牛乳も減った。

 北海道、栃木県に次いで生乳の生産量が多い熊本県の有限会社「茶ノ木」(同県山鹿市)では、内ケ島(うちがしま)賢勇(けんゆう)さん(54)家族ら4人で約140頭の乳牛を飼育する。乳牛は暑さに弱いため、春に生乳生産量が多く、毎日搾乳しなければ病気になる。今年は3~5月に給食が休止になり、余剰乳は加工用に回したが、1キロ当たりの単価は飲用牛乳より安い。

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文680文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 帝国劇場が4公演中止 従業員が新型コロナ感染

  2. 名古屋の飲食店、新たに4人感染 クラスターの可能性、市検査 新型コロナ

  3. 新型コロナ 「ぜひ旅行なさって」 「GoTo」に横浜市長 /神奈川

  4. 「今、藤井聡太の将棋が面白い」 中原誠十六世名人が見る新棋聖

  5. 全国で新たに622人確認 3カ月ぶり600人超え 緊急事態解除後、最多

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです