メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「滝廉太郎府内追悼祭」 早世天才作曲家しのぶ 会場で「荒城の月」合唱 /大分

新型コロナ対策をして滝廉太郎の曲を歌う合唱団

 大分ゆかりの作曲家、滝廉太郎(1879~1903年)の最期の地・大分市府内町で28日、118回忌に合わせた「滝廉太郎府内追悼祭」があった。祝祭の広場を会場に「府内滝廉太郎合唱団」らが7曲の歌を披露。最後に約100人の観客も含めて代表作「荒城の月」を合唱した。

 早世した天才作曲家をしのぶとともに、ゆかりの地をアピールし…

この記事は有料記事です。

残り241文字(全文401文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・武田真治さんとモデル・静まなみさんが結婚

  2. 探して!らき☆すたマンホール 合併10年、埼玉・久喜のどこかに設置

  3. 失業給付の増額を 困っている人を助けるのが政治の使命

  4. 「党員獲得どころじゃない」 河井夫妻「1億5000万円」 自民総務会で不満噴出

  5. 関東・東海上空に火球 2日未明、目撃相次ぐ 「爆発音聞こえた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです