かんぽ報道 「NHKの大問題」前会長抗議 厳重注意覆らず

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
2018年7月から11月にかけ、日本郵政グループ側からNHKに送られた「ガバナンス」に関する申し入れ文書や、会長に厳重注意したことへの謝意を経営委員会に伝える文書など=北山夏帆撮影
2018年7月から11月にかけ、日本郵政グループ側からNHKに送られた「ガバナンス」に関する申し入れ文書や、会長に厳重注意したことへの謝意を経営委員会に伝える文書など=北山夏帆撮影

経営委、法抵触か 議事全容判明

 かんぽ生命保険の不正販売を報じたNHK番組を巡り、日本郵政グループの抗議に同調したNHK経営委員会が、当時の上田良一会長を厳重注意した2018年10月23日の議事の全容が判明した。番組責任者へのガバナンス(統治)不足などを理由とした厳重注意の直後、上田氏は「これが表に出た時に、経営委も含めてNHK全体の非常に大きな問題になる」と抗議していた。しかし、当時の委員長代行だった森下俊三・現委員長や石原進委員長は厳重注意を覆さなかった。厳重注意が、経営委の番組介入を禁じた放送法に抵触する疑いが強いことが改めて裏付けられた。(8面に特集)

 議事全容は、複数の関係者への取材で判明。NHK情報公開・個人情報保護審議委員会は議事録を速やかに開示するよう求めているが、経営委は公開しておらず、上田氏の発言や議論の詳細は不明だった。経営委はNHKの最高意思決定機関だが、「番組編集の自由」を守るため、番組介入が禁じられる。上田氏が反発したのは、厳重注意がこれに該当しかねないと危機感を持ったからとみられる。

 厳重注意が行われた当日の経営委は、かんぽ不正を追及した18年4月のNHK「クローズアップ現代+(プラス)」の番組に関連し、上田氏を呼んで開かれた。

 番組…

この記事は有料記事です。

残り988文字(全文1528文字)

あわせて読みたい

ニュース特集