連載

風知草

世論は風だ。でも世論とは何だ――。永田町を知り尽くす山田孝男特別編集委員の政治コラム。

連載一覧

風知草

転換期の「安保」=山田孝男

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 ボルトン前米大統領補佐官による暴露が真実だとすれば、トランプ政権は駐留米軍経費負担の4倍増を要求、日本政府が聞き流していることになる。

 迎撃ミサイルシステムの陸上配備計画停止も、内外の関心をかきたてた。

 とかくアメリカの言いなりの――少なくとも内外でそう見られがちな――日本政府が、別の歩みを始めたようにも見える。何が起きているのだろう。

この記事は有料記事です。

残り1165文字(全文1335文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集