メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

さあこれからだ

/174 生活習慣見直し元気に=鎌田實

 徐々に社会経済活動が再開するなか、新型コロナウイルス感染を予防するための「新しい生活様式」の模索が始まっている。第2波、第3波の感染を小さく抑えるためにも、こうした用心はしばらく続くだろう。

 ぼくが心配するのは、ソーシャルディスタンス(社会的距離)を意識するあまり、人とのかかわりが減ったり、行動範囲が狭くなったりすることだ。そうした状況が続くと、認知機能の低下を招きかねない。今までバリバリ仕事をしていた人が認知症予備軍である軽度認知障害(MCI)になって仕事でミスすることが増えたり、認知症の人が重度化したりする可能性がある。

 新型コロナの感染予防とともに、認知機能の低下を防ぐことは、コロナ時代の超高齢社会を生きるぼくたちにとって重要な課題だ。新型コロナにも、認知症にもならないために「3密を避ける」「マスク着用」「手洗い」「換気」「距離を取る」といった感染予防の方法を行ったうえで、ぼくは次のような「新しい生活習慣」を提案したいと思う。

この記事は有料記事です。

残り1384文字(全文1807文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 11年ぶりに自殺者増加 コロナ下こそ届く支援を

  2. 社長ではなく総務部長? 安倍政権の大番頭「危機管理の菅」とは何だったのか

  3. 月刊・時論フォーラム 馬毛島の基地計画/弾劾訴追/養鶏と政治

  4. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  5. 記者のこだわり 他殺か、中毒死か ピンクに染まった遺体の歯は何を語っているのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです