メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

やる気レシピ

知的刺激のある環境を 行動遺伝学者・安藤寿康さん

 <受験のトビラ juken no tobira>

 学力は遺伝の影響が大きい――。「行動遺伝学」の世界では当たり前のことらしい。「じゃあ頑張っても意味がない」と諦めるのは早計。学力だけにとらわれず、各人が持つ遺伝的素質を生かせる教育、社会こそ必要なのだと、行動遺伝学者の安藤寿康さんは説く。

 ――まず遺伝の基礎知識から教えてください。

 ◆両親の遺伝子はそのまま全部が子どもに引き継がれるわけではありません。両親それぞれの遺伝子の半分ずつが引き継がれるのです。父親と母親の平均値が表れる可能性が高いとは言えます。ただ、組み合わせはさまざまなのでばらつきは当然あります。両親とも知能が高いとその子どもも知能が高くなると思いがちですが、むしろ逆で、世の中の平均値に近づくという特性があるので、「私たちはこんなに知能が高いのになぜこの子はでき…

この記事は有料記事です。

残り1504文字(全文1871文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 体操・内村が新型コロナ感染

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  4. 首相、杉田氏発言巡り「政治家は自ら襟を正すべきだ」

  5. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです