メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ポーランド大統領選、決選投票へ 現職への批判票集まり接戦の可能性も

ポーランド大統領官邸=ワルシャワで2011年9月、真野森作撮影

 ポーランドで28日、大統領選の投票が行われた。出口調査では、右派与党「法と正義」(PiS)が推す現職のドゥダ大統領(48)が首位となり、野党候補でワルシャワ市長のチャスコフスキ氏(48)が2位につけた。いずれも当選に必要な過半数を獲得できず、7月12日の決選投票に進む見通しとなった。

 独DPA通信によると、出口調査では、ドゥダ氏が41・8%、チャスコフスキ氏が3…

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文458文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 「なぜ?なぜ?なぜ娘だったのか」 福岡・商業施設女性刺殺、被害者の母

  3. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  4. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  5. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです