フランス地方選でマクロン与党惨敗、求心力低下鮮明に パリ市長選も敗北

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
再選を決め、花束を受け取ったイダルゴ・パリ市長=パリで2020年6月28日、AP
再選を決め、花束を受け取ったイダルゴ・パリ市長=パリで2020年6月28日、AP

 フランスで統一地方選の決選投票が28日行われ、マクロン大統領率いる与党「共和国前進」が各地で惨敗した。新型コロナウイルスや雇用問題の対応への不満を反映したとみられる。一方、気候変動問題への関心の高まりを受け、環境政党・緑の党が躍進した。

 仏メディアによると、「共和国前進」はフィリップ首相が北部ルアーブル市長に当選したが、パリなど大都市で軒並み敗北した。マクロン氏にとっ…

この記事は有料記事です。

残り280文字(全文466文字)

あわせて読みたい

ニュース特集