メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フランス地方選でマクロン与党惨敗、求心力低下鮮明に パリ市長選も敗北

再選を決め、花束を受け取ったイダルゴ・パリ市長=パリで2020年6月28日、AP

 フランスで統一地方選の決選投票が28日行われ、マクロン大統領率いる与党「共和国前進」が各地で惨敗した。新型コロナウイルスや雇用問題の対応への不満を反映したとみられる。一方、気候変動問題への関心の高まりを受け、環境政党・緑の党が躍進した。

 仏メディアによると、「共和国前進」はフィリップ首相が北部ルアーブル市長に当選したが、パリなど大都市で軒並み敗北した。マクロン氏にとっ…

この記事は有料記事です。

残り280文字(全文466文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 11年ぶりに自殺者増加 コロナ下こそ届く支援を

  2. 社長ではなく総務部長? 安倍政権の大番頭「危機管理の菅」とは何だったのか

  3. 月刊・時論フォーラム 馬毛島の基地計画/弾劾訴追/養鶏と政治

  4. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  5. 記者のこだわり 他殺か、中毒死か ピンクに染まった遺体の歯は何を語っているのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです