特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

不安が生む差別とは 新型コロナへの向き合い方学ぶ 兵庫・西宮の中学で特別授業

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
西宮市立学文中であった、新型コロナウイルスについて学ぶ授業=兵庫県西宮市で2020年6月12日午前9時9分、井上元宏撮影
西宮市立学文中であった、新型コロナウイルスについて学ぶ授業=兵庫県西宮市で2020年6月12日午前9時9分、井上元宏撮影

 新型コロナウイルスが終息しない状況が続く中、再開した兵庫県西宮市内の中学校がコロナとの向き合い方を考える授業に取り組んでいる。約3カ月間に及んだ休校は明けたが、教師たちは、子どもたちが今も抱く感染への不安や、不安が引き起こす差別に立ち向かえる心を育てたいと知恵を絞っている。生徒の心のサポートに取り組む学校現場を取材した。【井上元宏】

 「あの人が嫌だから『距離を取る』のと、その人が大切だから『距離を取る』。(言葉は)同じでも意味合いは全く違うよ」。西宮市立甲武中(同市樋ノ口町、飯干英典校長)では午前と午後に登校を分けて再開した1日、授業の始まりに、生徒指導主任の上木雷太教諭(35)が校内放送でこう呼びかけた。

この記事は有料記事です。

残り838文字(全文1146文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集