特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

抗体検査「第2波に備え」 民間でも独自に実施、15分で結果判明 大阪

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
抗体検査の方法を説明する吉川聡介医師=大阪市城東区で2020年6月9日午後1時4分、近藤諭撮影
抗体検査の方法を説明する吉川聡介医師=大阪市城東区で2020年6月9日午後1時4分、近藤諭撮影

 新型コロナウイルスの感染が再び拡大する「第2波」が懸念される中、感染歴を調べる抗体検査を独自に実施する民間医療機関が増えている。大阪府内の感染状況は落ち着いているが、発熱があってもPCR検査(遺伝子検査)を受けられないケースはあるといい、患者に安心してもらい、感染拡大を防止するため、抗体検査が活用されている。【近藤諭】

 抗体はウイルス感染時などに体の免疫細胞が作り出すたんぱく質。血液を採取し、専用のキットを使って抗体の有無を検査する。ただ、新型コロナの抗体が体内でどれくらい持続するのか、ウイルスに対する免疫機能をどれだけ持つのかなど、まだ分かっていない部分は多い。

この記事は有料記事です。

残り664文字(全文950文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集