楽天メディカル、「がん光免疫療法」の医薬品と医療機器を世界初の承認申請

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「楽天メディカル」が、がん光免疫療法の実用化に取り組むことを発表する記者会見に臨んだ三木谷浩史会長(中央)ら=東京都港区で2019年7月、永山悦子撮影
「楽天メディカル」が、がん光免疫療法の実用化に取り組むことを発表する記者会見に臨んだ三木谷浩史会長(中央)ら=東京都港区で2019年7月、永山悦子撮影

 楽天メディカル(三木谷浩史会長)は29日、がん細胞をピンポイントで攻撃する「がん光免疫療法」に使う医薬品と医療機器について、「条件付き早期承認制度」に基づき厚生労働省に承認申請をしたと発表した。対象は、舌がんや喉頭がんなどの頭頸部(とうけいぶ)がんが再発した患者。この治療法に使う医薬品と医療機器を承認申請するのは世界で初めてという。

 同制度は、一般的に3段階ある臨床試験の最終段階を経なくても、そこまでのデータで申請できる。この治療法は、すでに画期的な新薬を優先的に取り扱う「先駆け審査指定制度」の対象にもなっており、従来よりも審査期間が短くなるという。

この記事は有料記事です。

残り650文字(全文929文字)

あわせて読みたい

注目の特集