特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ 夫婦2人の酒蔵、3度目の廃業危機 「乗り越えてもまた試練が」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
はけない在庫をチェックしながら悩む新谷義直さん(右)と文子さん=山口市の新谷酒造で、降旗英峰撮影
はけない在庫をチェックしながら悩む新谷義直さん(右)と文子さん=山口市の新谷酒造で、降旗英峰撮影

 夫婦二人で営む山口県内最小級の酒蔵「新谷酒造」(山口市)が、新型コロナウイルス感染拡大の影響で売り上げが激減し、苦境に陥っている。近年、国内外のコンクールで出品酒が受賞するなど明るい話題が増えていた矢先、コロナ禍に見舞われた。醸造責任者「杜氏(とうじ)」の新谷文子さん(42)と夫義直さん(51)は「これまで2回廃業寸前に追い込まれたが、今回は第3の廃業危機だ」と話し、酒の購入を通じた支援を呼び掛けている。【降旗英峰】

 新谷酒造は義直さんの曽祖父、故新谷熊吉さんが1927年に創業した。代表銘柄「わかむすめ」は、新谷家が女児に恵まれたことから命名されたと伝えられる。熊吉さんの養子の末彦さんを経て、義直さんが2004年に3代目を継いだ。

この記事は有料記事です。

残り668文字(全文988文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集