メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北九州市長「第2波の出口にいる」 感染ゼロ3日続き、事実上の収束宣言

北九州市役所=北九州市小倉北区で2019年2月27日、田鍋公也撮影

[PR]

 北九州市の北橋健治市長は29日、新型コロナウイルスの感染確認ゼロが3日間続いている市内の感染状況などを踏まえ「第2波の出口にいる」と事実上の収束宣言をした。報道陣の取材に答えた。同市では5月23日以降の1カ月余りで168件の感染が確認され、市長が「第2波のまっただ中にいる」としていた。

 北橋市長は判断の根拠として、人口10万人あたりの新規感染者数が直近1週間で0・42人となり、国の基準の0・5人を下回ったことなどを挙げ「医療体制や検査体制などと合わせ総合的に判断した」と語った。

 また、今回の「第2波」で検出したウイルスを国立感染症研究所(東京)で解析したが「ウイルス量が少なく解析できなかった」ことも明らかにした。

 市立小でクラスター(感染者集団)が発生したとみられるケースもあったが、29日から市立学校の午後授業も始まり全面再開した。【井上卓也】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「GoTo」反対署名、5日間で9万人超 「その予算を医療現場や被災地に」

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. 丸岡いずみさん、コロナ陽性で入院 夫の有村昆さんがクラスター発生の劇場で感染

  4. 政権がGoToを強行する理由 アクセルとブレーキ同時に踏む「むちゃ」

  5. 稲田氏ピンチ リベラル色の女性政策に保守派から「ついていけない」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです