メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハイオク不正問題 菅官房長官「問題あれば調査し対応」

菅義偉官房長官

[PR]

 菅義偉官房長官は29日の記者会見で、石油元売り各社のハイオクガソリンが出荷前に他社製と混合されていた問題について、「報道は承知しているが、個別の事案についてお答えは差し控えたい。その上で、景品表示法は、消費者に対して実際の品質よりも著しく優れていると宣伝することなどを禁止しており、法律上の問題があれば、消費者庁において所要の調査を行った上で適切に対応する」と述べた。

 ハイオクガソリンを巡っては、石油元売り5社のオリジナルブランド製品が他社製と混合されていたことに加えて、業界3位のコスモ石油がエンジンの汚れを取り除く添加剤が入っていないのに「使い続けるほどにきれいにしてくれる」と虚偽の性能を公式ホームページに記載していた問題も判明した。【秋山信一】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「GoTo」反対署名、5日間で9万人超 「その予算を医療現場や被災地に」

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. 丸岡いずみさん、コロナ陽性で入院 夫の有村昆さんがクラスター発生の劇場で感染

  4. 政権がGoToを強行する理由 アクセルとブレーキ同時に踏む「むちゃ」

  5. 稲田氏ピンチ リベラル色の女性政策に保守派から「ついていけない」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです